クラブエール・ロゴ  TOPページへ

ブログ

バンクーバーに戻って改めて感じたこと

食生活

東京に住んでいた期間が長いので、バンクーバーに戻ってくると あー、こうだったんだなーと逆カルチャーショックを感じます。
東京が懐かしいことも多いです。 いくつかあげてみます。

バンクーバー:東京と大違い・・・



◆外食の値段が高い!
世界の大都市の中で、東京ほどリーズナブルな値段で美味しい食事ができる都市はありません。
バンクーバーで同じレベルの食事をしようとすれば2倍以上の値段になります。
しかもウェイターやウェイトレスにチップが必須なので、外食はとても高くつきます。

◆ピザや食品の配達員にもチップを渡す!
レストランだけでなく、配達員にもあげる必要があります。


◆熱いおしぼりは夢の夢!
熱いおしぼりを出してくれる日本のレストランは素晴らしいです。
カナダにも、他の国にもこんな嬉しいサービスはありません。・

◆座席に貴重品を置きっぱなしはありえない!
東京ではおサイフや携帯電話を置いてカフェカウンターに注文に行く人がいますが、カナダではありえません。
落とした財布がそのまま届けれて戻ってくる治安のいい東京は特別なのです。


◆アイスコーヒーがないカフェが多い
コーヒーやレギュラー、カフェラテ、フレーバー系と種類が多くても、なぜかアイスコーヒーはないことが多いです。冷たい飲み物ならジュースやアイスティ、炭酸系になります。