クラブエール・ロゴ  TOPページへ

ブログ

「お茶漬け」の極意

クッキング
「お茶漬け」の極意

>>>関連記事(英・和)も読みたい方はここをクリック!

ochazuke


●お茶漬けはいつできた?
もともとは、漬物のように、塩気の多い保存食をご飯にのせていただくのが、伝統的な食べ方とされ、さっと作れて、さっと食べられるので、朝食や夜食に好まれます。歴史はとても古く、日本にお米が入ってきた頃からあったと言われています。大河ドラマで、織田信長 (戦国時代~安土桃山時代) には、お茶漬けならぬ、お湯をかけただけのご飯を食べているシーンがありました。お茶漬けとして庶民が普通に食べるようになったのは、江戸時代でファーストフード的存在になりました。


●お茶漬け vs 雑炊
お茶漬けも雑炊もメインになる食材がご飯である点は同じです。しかし、「お茶漬け」は主に煎茶やほうじ茶などの温かいお茶をかけるのに対し、「雑炊」は さらに出汁(だし)と他の具を入れて煮て調理し、ご飯にスープの味をしみ込ませ、米粒を柔らかくする点が違っています!雑炊は、リゾット和風版なのでわかりやすいですが煮込まずに、さらりとしているお茶漬けは始めての外国人には新しい感覚でしょう。食の料理を習う外国人も増え、食品メーカーで売られている“●●園のさけ茶漬け、のり茶漬けなどのインスタントパックをAmazonなどで注文する人もいるようです。



★クラブエール公式サイトはこちら http://www.club-ale.com/