クラブエール・ロゴ  TOPページへ

ブログ

チョコレート好きは”悪”ではない”!

クッキング
The Effets of daark Chocolate for Reducing Weight
チョコレート好きは”悪”ではない!

>>>関連記事(英・和)も読みたい方はここをクリック!

●マザー・テレサはチョコレートが好物
カトリック教会の修道女でノーベル賞も受賞した聖人のマザー・テレサは偉大な人でした。ですが大の甘いもの好きだったことはそれほど知られていません。中でもチョコレートには目がなかったようで、歯医者さんからチョコレートを控えるように注意をうけていたという説があるくらいです。 マザー・テレサもやはり人の子だということで、親近感がわいてくるような気がします。 とはいえ、普段はインドの貧しい人と同じような穀物を主体として食事で基本は粗食でした。

●日本で最初にチョコレートを食べた人
最初に食べたのは、長崎の商人だと言われています。その後、日本でチョコレートが明治8年に一般に売り出されましたが、庶民は気味悪がってた誰も買おうとしませんでした。”牛の血が入っている”、”とか”泥を固めて作った”などという噂までとびました。
ですがヨーロッパ使節団として出掛けた岩倉具視(いわくらともみ)や大久保利通(おおくぼとしみち)などの政治家や津田塾大学の前身を創設した津田梅子(つだうめこ)などのエリート知識人は、チョコレートを食べました。当時の日本は鎖国が終わったばかりで、近代国家をめざして 欧米を見習おうとしていたので、西欧のものにどんどんトライしたのです。 その後、庶民の間で急激に売れ出したのは大正時代になってからです。

●チョコレート好きは案外太りにくい
食べ過ぎは禁物ですが、チョコレートダイエットという言葉も少しずつ有名になってきて、1日に決まった量を食べる人も増えています。

*含まれるポリフェノールで血流がよくなる
*抗酸化効果があり、老化防止に役立つ
*冷え性の改善につながり、代謝が良くなって カロリー消費しやすくなる。
*食前に少量のチョコレートを食べる事で大食いしなくなる
*ダイエット中のストレスが緩和され、減量を邪魔する”脳疲労”を緩和する

などの効果があげられています。 添加物の少ない、カカオ含有量の多いダークチョコレートを選ぶのがポイントです。


★クラブエール公式サイトはこちら http://www.club-ale.com/