クラブエール・ロゴ  TOPページへ

ブログ

洋服のフリーサイズはどういう基準なのか

いろいろ
Free size-image

   関連記事(英・和)を読む>>>

◆フリーサイズを英語で言うと?
いわゆる「フリーサイズ」は、通常体型の人であれば誰でも着られるような商品に対して付けられるサイズのことですが、これは和製英語。 英語では one-size-fits-all  と言わなければ通じません。

英語の free には 「制限されない」という意味もあるのですが、服のサイズの場合には使わないので注意しましょう。
 
「この黒いワンピースはフリーサイズです」 という場合はThis black dress is one-size-fits-all.  となります。

(注: ワンピースも和製英語で、英語では カジュアル、フォーマルにかかわらず、dress と呼びます)

one-size-fits-all=ひとつのサイズですべてにフィットする】




●フリーサイズの本来の意味
日本だけでなく、中国や韓国製の衣類にも 「フリーサイズ」とアルファベットでラベルが付けられているものもあります。
一般的にはアジア圏のMからLサイズくらいの大きさ、 欧米のSサイズくらいを指すことが多いです。

表記の対象はニットなど伸び縮みするものや、帽子など、後ろ側でサイズを調節できるもの、そして カジュアルなTシャツやパジャマなど、それほどぴったりフィットする必要がないものです。



●ワンサイズでなくフリーサイズと書く理由
メーカー側が「複数サイズを作ると在庫リスクが増える」といった理由で、ひとつのサイズしか作らず、フリーサイズ表記をするわけですがフリーと表記するの理由として考えられるのは、

* ワンサイズと書くと、“手抜きのイメージがある”
* フリーと書くと着られる人の対象が多い印象になるので、とりあえず来店して試着まではしてもらえる可能性があるという理由もあるようです。


★クラブエール公式サイトはこちら http://www.club-ale.com/