クラブエール・ロゴ  TOPページへ

ブログ

持ち主が現れない忘れ物のカサはどうなるのか?

いろいろ
カサ

   関連記事(英・和)を読む>>>

◆持ち主が現れない忘れ物のカサはどうなる?

梅雨時は特に電車の中にカサの忘れ物が多くなります。JR東京メトロによると多い時には、1日1000本以上のこともあるそうです。


●駅での保管期間はどのくらい?
置き忘れられたカサはその駅で忘れ物として登録されますが、そこの駅で置いてもらえるのは翌日までです。 その後は、遺失物取りまとめをする駅に移されてしまいます。取りまとめの駅での保管期間は一週間だけで、この間になくした人から連絡がなければ、警視庁遺失物センターに届けられてしまうのです。警視庁遺失物センターでの保管期間は3カ月です。


●警察でカサを受け取るには?
失くしたカサを警察で受け取るのは面倒です。 保管している警視庁遺失物センターの代表電話番号は いつもなかなかつながりません。やっとつながって、受け付けてもらっても受け取るためには、駅での証明書や、自分の、身分証明書をそろえて警察まで行かなければなりません。めんどうなので、引き取りに来る人はあまりいないそうです。誰も取りにこないカサは法律によって、3カ月目以降は鉄道会社に戻されます。


●引き取られなかったカサは最終的にどこへ?

所有権が鉄道会社になったカサは、 “鉄道忘れ物バザー”の商品として売られます。カサだけでなく、アクセサリーやブランドバッグなども格安で売られ、売上はチャリティの寄付金になります。 バザー以外に、リサイクル業者に売られることもあります。 高級ブランド品が安く卸売されるので、リサイクルショップにとっては歓迎らしいです。それほど高級でないカサは、商売上手なレストランが安く買い取って顧客に配るために仕入れることもあるそうです。 
失くしたカサが、レストランで配られて戻ってきたら、複雑な気持ちになりますね。



★クラブエール公式サイトはこちら http://www.club-ale.com/