クラブエール・ロゴ  TOPページへ

ブログ

アメリカの物の値段を考えてみた

お金

関連記事(英・和)を読む>>>


potato chips



 TOPIC  アメリカの物の値段を考えてみた

日本では消費税が今年10月にあがり、国中どこでも10%になりました。故郷のカリフォルニアでは消費税にあたる売上税は7.25%です。
消費税はともかく、物価そのものはアメリカと日本は同じくらいです。日常的な食品や衣服、生活必需品の値段はあまり変わりません。

アメリカの方が高いと思うのは、
●大都市の家賃
●レストランでの食事
●電化製品(電子レンジ、冷蔵庫、TVなど)
です。
しかしながら、日本とアメリカの場合の大きな差はサイズです。
重量単位で計算すれば、単価は同じくらいでもサイズが全然違います。アメリカは「何でもサイズが大きい ! 
人だけでなく車も家も街も、そして食料品もそうです。 大きいアメリカ車で巨大スーパーに行き、巨大なショッピングカートいっぱいに買物をするわけです。
結果どうなるかというと、大量買いするわけで買ってしまえば、 あるだけ食べるのでアメリカ人の肥満につながっている気がします。