クラブエール・ロゴ  TOPページへ

ブログ

ソテー、ロースト、グリル、ベイクの違い

クッキング

ソテー、ロースト、グリル、ベイクの違い 


どれも ”焼く”わけですが方法もできあがりも違います。

◆「ソテー」

ソテーは、元々、フランス語で「跳ぶ」という意味。フライパンで少量の油を熱し、材料をに炒め焼きにするとき、油が飛ぶのでソテーという言葉になりました。短時間で食材に火を通し、両面がきれいに焼けます。
Sautéing /; from the French. It means"jumped, bounced". It is a method of cooking food
that uses a small amount of oil or fat in a shallow pan over relatively high heat.

◆「ロースト」

Roast is to cook food such as meat or vegetables in an oven for pork, chicken, etc. for long time.
かたまりをオーブンや直火でじっくり炙り焼きにするイメージ。表面にさっと火を通し、中はゆっくり加熱するので外側はこんがりで、中は柔らかく焼きあがります。

◆「グリル」


Grill means to cook food on a metal frame over a fire.
強い火で”炙り焼く”のがグリル。強い熱や火で焼くのでたいてい焦げが付きますが、肉などの余計な油が落ちてあぶら濃さがなくなります。

◆「ベイク」


Bake is the word used for making things from dough in an oven, especially bread, cake, pie, and cookies.

パンやケーキ、お菓子を「焼く」時によく使われる単語です。直火を使うのではなく、
オーブンの乾燥した熱で水分を足さずに調理します。

☆クラブエール公式サイト http://www.club-ale.com/