クラブエール・ロゴ  TOPページへ

ブログ

アメリカで救急車で運ばれると高額出費

緊急
car accident

   関連記事(英・和)を読む>>>

Ambulance expenses need to be paid in the U.S.A.

アメリカで救急車を呼ぶ場合の緊急ダイヤルは911番です。日本では警察にかけるのは110番で、消防署や救急車の119番と別の番号ですが、アメリカの場合は、ひとつに統一されています。
緊急通話がフリーコールなのはアメリカも日本も同じですが、日本とアメリカが違うのは、救急車が有料だということです。 救急車で運ばれるとその搬送費用は自分もちになります。

20年くらい前、まだアメリカに住んでいた頃、交通事故を起こして、救急車で運ばれたことがあります。周囲にいた人が、現場の状況を見て救急車を呼んだのです。実際は、車はひどく破損しましたが、ケガは、たいしたことがなかったのですが、現場にいあわせた人たちが、心配して緊急通報したので救急車がやってきました。

実際は救急車で運ばれるほどの重症でもないので、 “救急車はいりません!” と私は、しばらくいい続けていました。遠慮しているわけでなく、費用がバカにならない値段だからです。これは私だけに限ったことではなく、アメリカでは不要だと思う場合は、救急車がきても、搬送されることを断ることがあります。そうこうしているうちに、救急車でER(救急外来)に運ばれてしまい、検査をうけました。 検査といってもごく簡単なもので、レントゲンやCTスキャンをするわけではありませんそれでも後々、何も問題がなかったので、幸運でした。

後日、郵送で、請求書が届きました。 その時の救急車の搬送費用は緊急外来の費用は、20年くらい前でしたが、1000ドル以上かかりました。アメリカは医療費が本当に高いのです。ですから、自分で民間の保険に加入していないと大変なことになります。民間の保険も保険料が高い割には、保険でカバーされる病院が決まっていたりしてとても複雑です。日本の国民保険がうらやましいです。


★クラブエール公式サイト: http://www.club-ale.com/