クラブエール・ロゴ  TOPページへ

ブログ

会話サンプル・警察への緊急通報電話(アメリカの場合)

緊急
call to 911-stranger

アメリカの緊急通報電話番号は911番です。

<警察を呼ぶときの会話例:>

審者を発見したときなどに、電話する場合の会話例をあげておきます。。

Operator: 911. What’s your emergency?)注: 911 はナインハンドレッド・・イレブンでなく、ナイン・ワン・ワンと発音します。
オペレーター:こちらは911番です。ご用件をどうぞ。

Caller: I‘m home alone and just saw someone peeping into my house. I’m really scared.
あなた:一人で自宅にいるのですが、誰かがこちらをのぞいているのです。すごく怖いです。

Operator
: OK, stay on the line. Do you see the stranger now? 
オペレーター:わかりました。そのまま電話を切らずにお願いします。今、その不審者が見えますか? 

Caller
: No, I can’t see him now, but I think he is still somewhere near my house. Please hurry! I’m so scared!
あなた:いえ、見えませんが、まだ家のどこかにいると思います。急いでください、すごく怖いんです。

Operator: OK, ma’am. Officers are on the way now. Stay on the line with me until they arrive. Could you see if the man was armed?
オペレーター:了解しました。警官がお宅に向かっています。到着するまで電話をこのまま切らずにいてください。 その不審者は武装していましたか?

Caller
: I couldn’t tell. It‘s really dark outside. Please hurry!
あなた:わかりません。外はとても暗いので。どうか早くきてください。

Operator: OK, ma’am. Please stay calm. Officers are on the corner of your block right now. They should be knocking on your door in less than one minute. Stay on the line with me when you answer the door.
オペレーター:了解です。そのまま静かにしていてください。警官がご自宅の角のところまで来ています。1分以内にご自宅のドアをノックします。ドアをあけて応対し、このまま電話を切らずにいてください。

Caller: OK. Thanks so much!
あなた:わかりました、ありがとうございます。
=======================================
 
クラブエール公式サイト: http://www.club-ale.com/