クラブエール・ロゴ  TOPページへ

ブログ

アメリカ式お弁当について 

食生活
About School lunch in the U.S.A.
アメリカ式お弁当について

brown bag
キーフレーズ:

アメリカには、日本と同じような学校給食はありませんが、アメリカ式給食といってよいのが、学食(カフェテリア)のセットランチです。

安い値段で食べられ、メインのおかずはこれ、付け合わせ野菜はこれ、デザートはこれ、飲み物はこれ、と自分で選ぶことができます。3-4種類程度の中から選ぶわけですが、一応選ぶ自由があるということです。

セットメニューには、野菜や果物も用意されていますが、現実的には野菜に手をつけずに、まるまる残す子供が多いです。

日本では、大量に食べ残しをしても叱られないのは、病気か食物アレルギーがある場合だけと聞きましたが、アメリカの子供は好きなものだけとり、平気で大量に残しをします。日本的価値観から言えば、とてもマナーが悪いということになります。

学食ランチを選ばずに、お弁当を持ってくる子もいます。日によって学食ランチを注文するか、お弁当を持ってくるか、その都度選ぶことができます。

私の場合は、ほとんど毎日、家からお弁当を持っていったので、カフェテリアのランチセットの味がどうだったかは、なんとも言えません。

お弁当といっても、アメリカ人の子供のお弁当はいたって簡単です。ツナやハムか、ピーナツバターやジャムなどを2枚のパンに挟んだだけのサンドイッチが普通です。これを ブラウン・バッグという、縦23センチ、横13センチくらいの薄手の茶色い袋に入れて学校に持っていきます。

日本人のお母さんや、女子生徒のように、惣菜を少しずつ盛り合わせたり、食材をカワイく切ったりする人はいません。今の時代は、日本式お弁当が海外でもブームになったので、ひょっとして日本式お弁当を作る人もいるかもしれませんが、私の子供時代には、ありえないことでした。

栄養バランスを考えて、生野菜スティックやバナナかリンゴなど果物も持ってくるのはいい方です。サンドイッチでは足りないからといって、チョコバーやクッキーなどのお菓子やポテトチップスを一緒に持ってきて、お昼に食べる子供もざらです。

飲み物はどうかというと、小学生は牛乳か、フルーツジュースを飲みますが、中学生や高校生は、コーラなどの炭酸飲料を昼食時に飲みます。

アメリカの学校のランチは、学校側が生徒に押しつけをせず多様性を重んじるという意味ではいいような気もしますが、のちのちの健康や味覚の発達に影響をおよぼすことを考えると、改善の余地ありです。